山田孝之監督作品に大抜擢|久保田直樹にご期待ください!

山田孝之監督が「どうしても撮りたかった」ゾッキB「見張り台」
現実と虚構の境界線から私たちの日常と人生を俯瞰する、
唯一無二の映像体験へようこそ!

山田孝之監督が原作を読んで涙を流したという「見張り台」を実写化。数十メートルの塔が立ち並ぶ世界。映像化するのは難しいとされていたが、巨大な美術セットとVFXによって構築した。

「見張り台」を舞台に、定年間近のベテラン監視員・本田さんが、新人の五木くんに勤続30年のノウハウを伝承していく。本田さんは高所の危険や楽しみ方を伝えながら、自身の人生の続きを託すように五木くんと向き合ったのかも知れない。五木くんが隣の塔の女性監視員・瞳に興味を抱いていることが分かると双眼鏡を贈り、五木くんはその双眼鏡で瞳の見張り台を“見張った”。短い間だったが、五木くんと本田さんは心を通わせていった。

最終出勤日、本田さんが五木くんの見張り台に登っていると、各地にのろしが上がった。そして物語は衝撃の展開を迎えるー。

五木くんを演じたのは、約300名の応募の中から抜擢された新人・久保田直樹。ベテラン監視員・本田さんを務めるのは渡辺憲吉。隣の見張り台の監視員・瞳役は、同じくオーディションで抜擢された北原芽依。瞳の友人・リサ役は齋藤里菜。

本作には一流クリエイターが集結。脚本は『デイアンドナイト』『全裸監督2』『Netflix版 新聞記者』の小寺和久。撮影は映画『チェリまほ THE MOVIE ~30 歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』の飯田佳之。音楽プロデューサーは『溺れるナイフ』『青くて痛くて脆い』の菊地智敦。見どころであるVFXは『AI崩壊』の高橋裕紀が務めている。

久保田直樹主演
久保田直樹

公式ホームページはコチラから↓

久保田直樹主演

日本放映プロ製作映画「おせっかいチーム」が作品特別賞・主演女優賞を受賞

<受賞者コメント>

今回、第7回賢島映画祭において、日本放映プロ製作映画第二弾「おせっかいチーム」が特別賞を受賞し、私は主演女優賞という身に余る賞をいただき嬉しさと共に、横野重子という素晴らしい役を演じさせてくださった上野監督に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

受賞に際して、9月12日に賢島宝生苑にて上映会並びに表彰式、交流会が予定されていたのですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため取りやめとなり、事務所にて表彰式をしていただきました。現地に行けなかったのは、少し残念でしたが、感激いたしました。
今回このように素晴らしい賞がいただけたのは、たくさんの方々のお蔭だと心から感じでおります。
作品の素晴らしさ、共演の仲間の皆さん、そして、監督をはじめとして撮影に携わってくださったスタッフの皆様に支えられて受賞できたのだと思います。
この賞に恥じないようにこれからも頑張っていきたいと思っています。
勝間田玲子
制作映画主演女優賞
制作映画主演女優賞

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

2021年も、新様式に対応しながら、世の中も芸能界も、もっともっと元気にするべく、所属タレント一同がんばってまいります!

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

芸能界を元気に

インスタにて公開中|所属タレント「マスク写真集」

おうちでもできる芸術をみつけよう!

所属タレントたちが、思い思いの「マスク」をつけてモデルになってみました。

ぜひ、のぞいてみてください。

<写真をクリックしてみてね>

日本放映プロモデル写真集

https://www.instagram.com/nihonhoeipro/

非接触オーディション|コロナに負けるな!

この近未来的な設備は何だと思いますか?

これ実は、出演モデルを決めるためのオーディションを、テレビ通信機器を使って面接しているのです。

今は、密閉した空間に多人数を集めることはできませんので、接触せずにオーディションをすることで、タレント選びの対応ができるのです。

これをご覧のクライアントのみなさま。いかがですか?

コロナに負けずにがんばります!

シニアタレントオーディション風景
ライブ通信オーディション風景

モデルのポージングレッスン特訓中

この日は、モデルのポージングレッスン実践編が行われました。

出演作品の内容がどんどん進化して、多様化する中で、今現場で求められている事に対応できる瞬発力が、求められています。

自分磨きにゴールはない!

今年もがんばろう。

モデルレッスン
<ウォーキングレッスン>
モデルレッスン
<ポージングレッスン>
モデルレッスン
<シチュエーションポーズレッスン>
モデルレッスン
<ウォーキングレッスン>

日本放映プロ制作公演2018千穐楽を迎えました

磯見島の伝説

第22回目の日本放映プロ制作舞台公演「磯見島の伝説」が無事千穐楽を迎えました。
ご観劇いただきましたお客様、ご協力いただいきました皆様、ありがとうございました。

舞台制作シーン

ミニコンサートステージ

舞台公演お疲れ様

終演後にセットをすべて撤収したステージで、舞台の成功を祝って「三本締め」をするのが日本放映プロの恒例です。

出演タレントは、この4ヶ月間集中して一つの役の人生を掘り下げてまいりました。この作品を通して得た経験や見えた課題が次への一歩に繋がります。
大きく成長したタレントたちの今後の活躍にご期待ください。

【日本放映プロ・服部】